初期の作品の再会と今の作品の旅立ち

こんにちは!

藤咲くんや藤咲さんと呼ばれることが多いけど、本当は和也くんと呼ばれる方が嬉しい藤咲です。

はい、今日は僕が革の作家として走り始めた頃から僕の作品を買ってくれていた方たちが、アトリエまで遊びに来てくれました。

そして当時オーダーしてくれて製作したバッグや小物を見せてもらいました。

これはFlineを結成する前の作品で、羽がついていますが、これは秋濱さんが作ってくれた原型を元に型取りして鋳造したものです。言うなればかなりレアなパターンです。
そして今思ったけど、秋濱さんも当時の僕に、鋳造での使用をよく許可してくれたなと思います。

ブルーとグリーンのグラデーションと総ヌメのトート。当時はミシンもないので、当然全て手縫い。ここもレアですね。

 

こちらはパスケース。パスって四角いのにケースが丸いってw
真ん中は糸鋸で名前を抜いて作りました。
いやー今じゃやらないデザインと作りですが、なんともいいですねぇ。写真じゃ見えないけど、使ってるチェーンも真鍮のいい感じのやつをわざわざ探して来ました。

 

Flineの財布と当時の財布共に使ってくれています。それも嬉しいポイントです。

 

内側はレインボー染めを施してあります。このコンチョは、加賀谷麻貴ちゃんという、ハワイアンの彫りをやっているアーティストさんとのコラボで作りました。マキちゃんは今ではインドに長く行ってヨガを突き詰めていたりと、時の流れを感じますね。

 

iPhoneケースも、おそらくFlineがスタートする前だったと思いますが、秋濱さんの羽刻印と僕の染めの組み合わせで作りました。機種が変わってもケースを使い続けてくれているそうで嬉しい限りです。これが今作ってるiPhoneケースの第一弾でした。

こうして当時のものを見させてもらうとなんとも言えない気持ちにさせられます。今もこうして製作を生業にできているのも、こういった人たちのお陰だなと思わさせられます。そして、当時のやつもいいやん 笑 と。

 

そして今回は、次のオーダーをしに平塚まで足を運んでくれました。当時の話を色々して盛り上がりつつも、もう一つ嬉しいことがありました。

 

僕がかなり推しているナップサックさんをオーダーとは別に選んでくれました。
これはとっても嬉しかったですねー。

ナップサック、本当にいいなと思ってるんだけどみんなになかなか伝わってないなーと感じていたところだったので、理解してくれた感じがしてそれが嬉しかったです。それと昨日、思い切ってした値上げ直後に選んでもらえて、ちょっと不安もあったんですが、それも、心に正直に行動してよかったんだなと思えて嬉しかったです。

 

他にもいろいろと自分以外のところでもいい流れを生み出すことができて、みんなにとっていい時間になったんじゃないかと思います。

明日は東京でワークショップなのでそれも楽しみ&がんばろーと思います!
追加で申し込んでくれた方が結構いたみたいですがまだ満員ではないみたいなので、やりたい方がいたら言ってくださいね!


イベント詳細はこちら

以上!終了!

藤咲

 

カテゴリーblog