BOROとキレイのバランス

こんにちは!

バンについて考えるこの頃。カバンが地球ならば、ファッションは宇宙。これ全く深いことを言いたいのではなく、ファッションの一部にカバンは位置してるよって話です。

なのでカバンのデザインを考えると、それを持っている時の服装を考えるわけです。しかしそのファッションに関して考える時間が最近はかなり少なかったように思います。なので!改めて考えてみた!

というわけで考え切ったところで面白い発見があったの最後にお伝え&それに伴うお知らせも。

まずはこれをどうぞ

ズバリ今回のポイントは『BOROとキレイのバランス』です。
上の図でキって書いてあるのはキレイサイド、BがBOROです。

要するに、この二つの要素をミックスするといいよって話です。
どういいかの説明をするのには、これをしないことの話をしたいと思います。

 

まず、キレイめオンリーの場合→ つまらん
これは完全に僕の好みの問題なのですが、ただ単にキレイめなものだけを組み合わせているだけだと、ドキドキはしないなぁと感じてしまいます。(しかしTPOに合わせてフルキレイ目もあり。スーツとかね)

そして、BOROオンリーの場合→ ボロい
いくらセンスのいいリペアやバランスの取れたBORO系アイテムでも、全身それで固めてしまうと一見浮浪者のようになってしまいます。それを着るのが岡田将生くんのようなキレイの塊のような人だったら話は別ですが、基本的には。

と、いうわけで、この二つの要素が組み合わさっているものがグッとくるかつ素敵なわけです。

 

で、その考えに基づいて、カバンを考えていきたいと思います。

ナップサックで考えてみるとパッチワークサイドは、ヴィンテージデニムなどを使ったり、印象としては楽しい感じなので、合わせるときはキレイめ。

 

白シャツ、黒セーター、パンツはキレイなシルエットのチノパン。靴は革靴。トリッカーズあたりの(ビルケンから出ている革靴が全然疲れないそうでそれが超気になる。)
ここでは全身キレイ目コーディネートですが、、、そんな時にカバンでBORO系をぶっ込む!実際このパターンが一番簡単だと思います。なぜならBORO系の服を取り入れるのにはやはり経験に基づいたセンスが必要になりますが、キレイ目はセオリーを押さえていれば簡単です。カバンさえいい感じものを選んでいればそれで使い回しが効きます。
このパターンで最強のカバンの一つはJUDY AUGURさんの作ったカバンです。

 

はい続いて、こちら

こちらは服がBORO系でカバンがキレイ系。レザーというのは割と簡単に高級感を出してくれるからいいですよね〜。
イラストに書いた服についてなんですが、こういう日本ぽい服のBORO系のものいいんですよね〜!時々素晴らしいものを見かけますが、世の中的にはかなり少ないと思います。自分で作ってもいいんじゃないかなーなんて少し考えています。

靴はあえての下駄的なものを描きました。ここにも可能性を感じていて、どうも僕は日本の祭りの格好がかっこよく見えてしまいます。あの感じを日常に落とし込めないかなといつも考えていますが、まだ考え込みが足りてないと思います。
しかもナップサックを手持ちすると、巾着のようにもなって、和の感じを取り込んだかっこいいスタイルにハマるなと思います。

 

要するにBOROの服装の中に、キレイなカバンを持つのいいなぁというわけです。本当に高級なところでいうと、こんな格好にHERMESなんか合わせてたらやばですね。

 

 

まとめ

 

服装について色々と考えて、それに合うカバンは〜と色々考えを巡らしていてあることに気づきました。それは、、、、

 

ナップサック最強やん。

ということです。(自己完結感がやばい)

だって、リバーシブルだからキレイ目にもBORO系ミックスにも合わせれて、今後かなり可能性を感じているカッコいい和物テイストにも合うし。

これは現時点での自分の理想にぴったりだなと感じました。

そこでお知らせ!

 

なんと値上げ

前のオークションの時にも異例のプライスアップということがありましたが、今回も。

リバーシブルレザーナップサック、通称ナップさんですが35,000円としてましたが、→50,000円とします。

これが適正価格と思ったのには理由がありまして、先日オーダーをもらってナップさん製作したのですが、材料代・製作費を抜くとほとんど残らないという事態になってしまいました。笑 今回は元々言っていたのでそのままのプライスで提供させてもらいます。

もう一つは、僕のブランドはコラボで展開しているFlineとは違い、自分の身近な人に提供できたら楽しいなと思い、なるべく手の届きやすい価格帯に設定しようという思いがありました。ですが自分が目指すライフスタイルにでは、このレベルのカバンに5万円を出すことには問題がないだろうなと、感じてみた時に気づきました。
いつまでもお金が自由に生み出せていないことを前提に値段設定をしていては、自分もみんなも現状維持もしくは下降していってしまうのではと思いました。
値段が上がることによるメリットは、作る僕にも緊張感が生まれ、素材もいいものが気持ちよく使えるという流れができルといいことにもあると思います。

ここまで頻繁に方向転換ができるのは、今のコンパクトなスタイルでの仕事形態と、それに対応してくれる人たちのお陰だと思います。これから出会う人ともいい関係を築いていけたらいいなと思います。

 

※Flineの方でも身近な人たちもいるのそっちももちのろん大切。

最高ナップサックのリンクも貼っておきます。

レザーナップサック

 

以上!個人的な意見の発表に付き合っていただきありがとうございました!

 

カテゴリーblog