革のワークショップの準備とその意図は

今日はワークショップに向けての事前準備をしました。ここのところワークショップを何度もやってきましたが、次に予定しているのは、今までやってきたものとは違うものを製作します。

今月の24.25日に行うワークショップの場所は岐阜県!岐阜の中でも栗金団やキャンプ場として有名で自然豊かな恵那市というところです。

今回は昔からの友人の主催するダンススクールのみんなに向けてのワークショップです。小学校低学年から高校生まで幅広い生徒さんたちが所属しています。彼らのパフォーマンスを見に何度も岐阜を訪れているのですが、めちゃくちゃ完成度が高くてビビります。なかなかに大きな大会で優勝しちゃった時には本当に感動でヤバかったです。

しかも、みんな礼儀正しく挨拶をしてくれたり、とってもいい子たち!

そんなダンススクールを主催するのはKENTAくん。とってもいいやつ!普段はゆるーいふざけたやつですが、ダンスのことになるとシャキー!となります。子供相手にも本気で向き合うとってもあつい男です。

ダンススクールの名前は、「LMD」(エルエムディー) Love,Music,Danceの頭文字からとったそうです。ストリート系のダンスを踊るチームです。

で、今日はどんな準備をしたかというと、こちら

LMDの文字を糸鋸で切り抜いて焼印作り。

しかもこのロゴ、なんとこれに合わせて画家の大和田いずみさんがデザインしてくれました。これは糸鋸用にシンプルバージョンで用意してくれましたが、本気バージョンはさらにかっこいいです。(乞うご期待)

そして切り抜いたのがこちら!文字が反対になっているのはこの面を下にして使うのでわざと反転のデザインでカット。

そしてそれを革の上に箔を載せて熱を加えてプレスすると、、、

こうなります。まだやってませんがこれを生徒分、事前に準備していきます。(かなりの量!)

そして、実際にみんながやってもらう工程と同じ過程で作りましたのがこちら!

外をぐるっと手縫いして、なかにわたを詰め、反対面に好きなイラストなり文字なりを入れてもらう、といったものです。

どうでしょう?超いい感じだと思うのですが。しかもこれを子供たちがそれぞれ違う柄を好きに入れて、それをダンスへ行く時のバッグに装着して集合写真、、、とか勝手に妄想してムフフしています。

好きに書きたいやつを描くんだけど、LMDロゴがみんな入ってるので統一感もある。

本革を使ってちゃんと作るので、しょぼくならない。そんな裏工作。

そんな感じでデザイン面の準備はオッケイです。

今回のワークショップをやりたいと思った元々の気持ちは、自分の所属してるチームの名前の入ったグッツをバッグにつけていたら、自分のこともそのチームのこともより誇りに思えるだろうし、なんかグッとくるよね。さらに手作りでカッコいい。という感じです。

そしてKENTAの方の意図を聞くと、ダンス以外の面白いものにも触れてほしい、ナイスな大人にも触れてほしいとの事でした。

そのどちらの意図も組み込んで、子供たちに楽しい体験と思い出を作ってあげれたらなと思います!

一度にこんな大人数を相手するのは初めてなので多少の不安もありますが、LMDなら大丈夫でしょう!!

また、結果を報告できたらと思います。

以上、ありがとうございました!

 

カテゴリーblog