神戸トリップ

神奈川県の平塚という街は東海道線が通っていて、渋谷や新宿へは約1時間ほど。

そちらへのアクセスによく電車を使いますが、逆方面の大磯、二宮側への移動はほとんどしません。

そして先ほど、新幹線に乗るために小田原あたりを通過しました。富士山のデカイこと。反対側にはいつもとは少し違った表情の海が見えたり。(今日は見えなかった)

こっち側に来ただけですでに旅感を感じてしまいますが、今回は神戸へ。

神戸で活動されている鞄屋さんを訪ねるために。

昔、「カバンの達人」という本を読んだときに、東京の藤井鞄、関西のルボナーと書いてあり、それを読んで藤井鞄さんのところへ伺ったことがありました。もう4年くらい前かな?

そして今回はルボナーさんへ。

青山にあるセレクトショップのサークルさんで取り扱われていたルボナー。

あの本に書いてあったものだと思い出したのは不思議と最近で、あの本に書いてあったところのどちらへも伺えるんだなぁと今朝実感しました。

実際に行ったらどんなことを質問しよう?

なんだかそれがはっきりしなくなってしまっていて、今からノートにまとめてみようかななんて思っています。自分はどんな鞄が理想なのか?鞄なのか小物なのか?どんな生活がしたいのか?そんなことを自問自答するいい機会になりそうです。

ルボナーさんが2005年ごろから書いているブログがなんとも、なんとも味わい深いのでずっと読んでしまうのですが、もしかしたらそれを読んでいるうちに神戸へ到着してしまうかもしれません。

着いてから、えーっとなんでしたっけ。となったらどうしよう。笑

ご縁を繋いでくれたサークルの青山さんにも感謝ですし、これから伺うルボナーの松本ご夫妻にももうすでにお世話になってしまって、ありがとうございます。

ここからどんな自分になった行くのか、どんな鞄になっていくのか、未知数ですがいい神戸トリップになればと思います。