新たな”INSPIRE”作品の完成

新しい鞄ができました。

あともう1パーツで完成!というところで、長野トリップに行ってしまったので、少し時間がかかってしまいまたが、おかげでスッキリな気持ちで完成まで持っていくことができました。

ということでこちら!

リュックサックでございます。
革らしい茶をベースにした作品をあまりつくってなかったので、自分的に新鮮な感じがしています。
ただの茶色ではつまらないので、ポケットとフロントフラップのところを茶のグラデーションで仕上げました。超かっこいい。
フラップの裏は黒スウェード。ここでは見えませんがポケットの裏はミントグリーンのスウェードが裏に貼ってあります。
ポケットの立体感を出すところは赤いステッチで手縫い仕上げしてあります。
肩ストラップと本体のドッキング部分。いい感じ。
今回はベースが茶、ステッチとコバを赤というのが全体に使った配色です。
そしてセンターパーツ。なにやら真ん中にありますね。革はイタリアのシボのある革を使い、ここだけステッチが茶色です。

そして、、

じゃじゃん!メタルお猿。 彫金師秋濱さん監修の元仕上げた手作りのパーツです。素材は、銀、真鍮、銅。ふざけたデザインをしっかり素材で作る楽しさ。このデザインの元はのちのち出て来ます。
そして後ろ側です。バックスタイルも好きです。
背中側にファスナーポケットがあり、それのつまみ部分。
ここにもちらっとミントグリーン。コバはレッド
エクセラのファスナーを開けると、薄ピンクの水玉が。茶とのギャップがいい感じ。
力のかかるパーツが集中する箇所なので、手縫いで仕上げました。
ここはおなじみの可動する仕様になっているので、肩の角度に合わせてフィットしてくれます。
手持ちする際のパーツも手縫いステッチ。ここだけでなく、力のかかる箇所には皮を二枚重ねで作っているので丈夫です。
肩にかかる箇所に茶グラデパーツ。ここを作るのがなかなかに手間のかかる作業だったのですが、どうしてもやりたい仕掛けがあったので採用。のちに紹介します。

そしてそして、個人ブランドなのにいつになくキッチリとつくって来たここまでですが、全てはこの次のパーツを引き立てるためです。

それがこちら

 

じゃーん
お猿さんです。

表についたメタルのお猿さんもそうですが、元ネタになったのはこちら

富田菜摘さんの作品のお猿さんです。 ハリラン代官山店の店頭に飾ってあった作品達を見て大ファンになってしまったのですが、先日の富田さんの個展に伺い、このお猿の”めい”ちゃんを引き取ってきました。あまりに可愛かったので富田さんに許可をいただいて鞄にしてしまいました。
富田さんの作品は素材が廃材が使われていて、よく見ると瓶の蓋だったり、スプーンだったり、身近なものが多いので妙な親近感があります。口の中もよーく見ると、ちゃんと舌が作られていました。
それらのパーツなどを革を使って再現。なんといってもこのめいちゃんの表情が最高なのでその雰囲気を出すのに力を使いました。ちゃんと舌もイタリアンレザーで作りました。
そして肩ストラップのところのパーツは、背負ってる際に、お猿が腕を上げているように見えるようにつくりました。あの手間もこの演出ができるのであればと思ったら頑張れます。笑
そして口の部分。ミントグリーンのピックレザーでパイピング。
内側は背中のポケットよりも更に濃いピンクを使いました。ポケットはシャンパンゴールド、ステッチはスカイブルー。そしてここにも何かが。

 

内側にもダメ押しのお猿が。持ち主だけが知る萌えポイント。
逆側のポケットは大きめなものを一つ。赤い革でKazuya Fujisakuロゴを。

と、いう感じで今回の鞄はこのようになりました。

自分が欲しいと思うものを作りたいと思いデザインをし始めましたが、やはり何か遊びも欲しいと思ったらこのような結果になりました。

今回の個展のテーマは「INSPIRE」なのですが、この鞄も富田さんの作品からインスパイアされて出来上がりました。

実物を見に鎌倉の個展会場にお越しいただければ嬉しいです。

きっと直接の方がこの鞄のおバカ具合とカッコ良さを感じてもらえるかなと思います。

以上、ありがとうございました!

個展詳細はこちら

カテゴリーblog