オーダーメイドの鞄

オーダーメイドで制作していた鞄が完成したのでご紹介致します。

ご依頼をくれたのは、自分が東急ハンズのアクセサリー修理のブースで働いていた時に来てくれていたご夫婦でした。

 

何度か接客をさせてもらっているうちに仲良くなり、ハンズをやめたあとに鞄をつくっている事を他の店員さんから聞いたそうで、そこからわざわざ連絡をくれ、オーダーをして頂きました。

 

 
その鞄がこちらです。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

斜め掛けの小ぶりな鞄です。

 
しっかりと設計図を描いてから制作開始。

 

ほとんどの部分を手縫いにて制作したのでいつもより沢山の時間がかかりました。

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

傷が目立たないようなものがいいとの事だったので、シボの入った革を使いました。

 

タンニン系の革なので、経年変化で艶が生まれると思います。

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

裏面。

このカーブと全体的に感じられるぷくっとした丸みは、手縫いという製法のお陰で、いい雰囲気を出してくれています。
直接見ないとこのニュアンスを感じるのは難しいのですが、とても気に入っています。

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

入り口は赤スウェードでパイピング。

 

ここが唯一のミシンステッチ。
柔らかい豚革なので、手縫いだと綺麗にならないのでミシンを使いました。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

センターには秋濱さんの羽をお願いしました。

シルバーで制作してもらったのですが、少し落ち着かせるために燻し(いぶし)をしてもらって、落ち着いた雰囲気を出してもらいました。

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

黒い革に馴染む燻された銀羽。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

そして、今回の鞄の大きなポイントである両サイドにあるタッセルですが、この部分はなんとエルメスのものです。

 

お客様の方から、「ドレスに付いていたものだけど、これは使わないので鞄に使って欲しい。」と託されました。
託されましたが、、、

 
エルメスに手を入れる緊張感。

 

しかも長さが長いので短くしなければならない。

 

どこからともなく感じる緊張感。

 

パーツを良ーく観察してから、プランを練ってから分解→再構成。

 

 

イメージしていた通りに進ませる事が出来ました。

 

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

製法から空気感まで、もの凄く勉強になりました。

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

サイドも手縫いで縫製。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

裏面にフラップを縫い付けてあります。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

内側には赤いスウェードを全面に施しました。

この赤がとてもいい色。

 

フチを黒革で補強したポケットをひとつ付けました。

 

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

フラップは磁石でとまるタイプにしたのですが、この金具がとってもgood.

 

 

開閉はとても簡単なのに、勝手には外れにくい構造になっています。開けた際のパーツの見た目もなかなかな佇まい。仲良くさせてもらっているパーツ屋さんのオリジナルのものです。

 

 

 

 

 

 

今回は年末で忙しいとの事で、郵送でのお渡しになってしまったのですが、到着したと連絡をわざわざ電話でしてくれました。

 

良いものをたっくさん見て来られたような方々だったので、気に入ってもらえるかかなり緊張感を感じていましたが、

 

「すっごくかわいい!今鞄を下げて電話してるんだけどほんとにいいわね!」

 

「またよろしくね。」

 

と言って頂きました。

 

自分の中の全力を出して、相手に喜んでもらう。

 

とってもシンプルで当たり前の事ですが、凄くいい気持ちになりました。

 

ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です