Labrador on the Brick wall.

 

NYで数日過ごしてみてとても印象に残っていることのひとつが、建物に使われた赤茶のレンガでした。

 

 
アメリカは歴史の浅い国だと言うけど、100年以上前に建てられた家がたくさん街にある様子は、自分にとっては魅力的でした。

 

 
14708388_1122397844481314_7206613519497677128_n

 

なのでこんな感じで表現。

 

 

 

 

 

14601014_10210905195014782_4600810822316688279_n

 

そこにこのワンコを乗せました。

 
なんともこの表情。

 

お知り合いの方の愛犬クンです。

 

なかなかの甘えん坊だそうです。

 

 

14708190_10210905195334790_7984471631933253436_n

 

14907564_10210905195814802_3988646388915985678_n

 

 

14907005_10210905195254788_5461133689938042500_n

まずはイラスト。

 
そして、こちら!

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

レンガにワンコ。

 

 

こちらラブラドール。

 

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

やはり一番大変かつ力を入れたのはこの目。

 
ラブラドールやゴールデンの表情には、この白目具合がとっても大切。

 

また、目の周りの黒っぽい皮膚も表情を出すのにとても大切。

 

瞳の輝きもとっても大切。

 

瞳の黒はより濃くするために、黒い革を使い、目の周りの皮膚の黒さは若干薄くするために、染料を使って黒く染めた革を使いました。

 

 

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

ラブラドールは全身が一色にも見えますが、微妙なニュアンスがあるので、そこを種類の違うヌメ革を使って表現しました

 
また、現時点では全体的に薄い色をしていますが、日に焼けていくうちにだんだんと本来のラブの色味になっていきます。

 

鼻の周りの革の方がより日焼けするので、それも面白いと思います。

 

 

 

 

進化する絵画。

 

 

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

鼻に使った革がなんともいえないいいニュアンス。

 
このシボの感じがワンコの鼻にそっくり。艶もいいです。

 

 

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE
足。

 

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

ちゃっかり、ひげ。

 
手縫いの、ひげ。

 

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

背景のレンガにはブロンズも入っているので、見る角度によって渋い輝きを出してくれます。

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

レンガの壁の家に憧れていましたがなかなか現実的ではなかったので諦めていました。

 
しかし、このレンガシリーズを壁にかけることで、レンガの壁感を感じれることを発見しました。

 

レンガ好きの方も、ラブラドール好きの方も是非。

 

この動物の写真で制作して欲しいというものがあれば、承りたいと思います。

 

 
ポーズや表情など、作品に出来ると判断出来たもの限定でやりたいと思います。

 
お気軽にどうぞ。

 

 

 

以上!

 

 

 

ーーーーーーーーー 

★個展 情報

11月28(月)〜30日(水)

東京渋谷にて個展を開催致します。

〒150-0002 東京都 渋谷区渋谷 1-13-5 大協渋谷ビル1F
くるくる Global Hub

*渋谷駅からすぐの場所です。
平日の開催ですが、午後8時まで開催してますので(最終日午後6時まで)、予定を開けておいて頂ければと思います。

カテゴリーblog

“Labrador on the Brick wall.” への98件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。