チョコレートベルト

ニューベルト完成しました。

 

 

スーツに合うようにダークトーンで、という内容でご依頼頂きました。

こちらです。

R0023376

表に使った革の色の名前は「チョコレート」

 

たしかに、黒でも茶色でも紺でもない、チョコレートな色合いですよね。

 
バックルはシルバー色の艶のあるものを選びました。

 

 

 

R0023365

グルッと一周黒いステッチで縫い合わせていあります。

 

 

 

 

R0023371

バックル周りと、ループ部分。

 

 

 

 

 

R0023369

 

バックルを取り付けるパーツは手縫いで縫い付けました。

 
伝わりづらいかもしれませんが、

手縫いで縫ったところは締め付けが強く、

少しですがふくらみを生んでくれています。このふくらみの光沢が個人的に凄く好き。

 

 

 

 

R0023378

裏まで一気に手縫いしました。糸もポリエステル製のものを使っているので非常に丈夫。

 

 

 

R0023367

ホールには涙型を。カッコ良く言うと、ティアドロップ。

 

 

 

 

R0023374

表にチョコレートの革、裏側にヌメ革、そして、内側にも床革(革の表面じゃない部分)を使っています。

 

 

 

内側に入れた床革の端を斜めに漉いているので、チョコレートレザー側が少し盛り上がっています。

 

 

 
伝わりづらいので、理解出来なかったらスルーして下さい。要するに、かっこよくなる工夫をしてありますよということです。

 

 

 

裏側のヌメ革が、ゆっくり色が変わってくる感じとか、じわじわクルと思うんですよね。

 

 

 

 

 

 

R0023375

そして、二枚の革を縫い合わせたコバ(側面)は黒い染料をいれ、磨くのを繰り返します。(←ベルトは長いのでここが一苦労。)

 

 

 

R0023366

内側にロゴを。

 

 

 

 

 
以上、ニューベルトの紹介でした。

 
今回の依頼は実は、兄からのものでした。

 

住む家が別になってしまってなかなか合う機会が減ってしまいましたが、こうしてものづくりを通して繋がれるというのは嬉しい事ですね。

 

 
普段自分がほぼ着る機会のないスーツですが、それをいつも着る兄には、このベルトを付けて頑張っていって欲しいですね。

 

 

 

ありがとうございました!

 

 

 

カテゴリーblog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。